Educedia(エデュケディア)

"教育"をテーマに日々ニュースやキーワードを解説します。

「アクティブ・ラーニング」と「主体的・対話的で深い学び」の違いは?

f:id:educedia:20180211220230j:plain

(2020年から順次始まっていく新学習指導要領の授業では、生徒の自発的な学習を促す授業が重視される。当初は「アクティブ・ラーニング」という言葉が記載されていたが…)[画=photoAC/acworks

2017年に告示された新学習指導要領では、「アクティブ・ラーニング」を用語として取り入れるか、議論がありました。最終的には「主体的・対話的で深い学び」という表現に着地。今日は「主体的・対話的で深い学び」と「アクティブ・ラーニング」について見ていきます。

新学習指導要領「主体的・対話的で深い学び」とは?

学校教育で重視すべきことについて、文科省ホームページではこのように紹介されています。

子供たちが「何を知っているか」だけではなく、「知っていることを使ってどのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか」ということ

(参考)新しい学習指導要領が目指す姿 | 文部科学省

膨大な情報を処理できるAIやロボットの前では、情報を詰め込む"だけ"の教育は役に立ちません。教育には、より良い人生や社会を考える豊かな感性を育み、実現に向けて知識・情報を応用する力を育てることが求められます。そこで指導側は、学ぶ量だけではなく、質にも配慮すべき、と考えられるようになったのです。

当初使われていた言葉は「アクティブ・ラーニング」

学習指導要領は審議会を通じて議論が重ねられ、文言が決定されます。当初、審議会で用いられていた言葉は「アクティブ・ラーニング」という言葉でした。ところが意味が広く誤解を招きかねないとして、「主体的・対話的で深い学び」という表現に変わることになったのです。

「アクティブ・ラーニング」について、文科省の用語集では以下のように紹介されています。

教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れ た教授・学習法の総称。(中略)発見学習、問題解決学習、体験学習、調査 学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク 等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。

「学習指導要領からアクティブ・ラーニングが消えた」と言われることがありますが、厳密には消えたのではなく、誤解の無いよう・より内容を充実させるために言い換えが行われたです。

それではここから、詳しく「主体的・対話的で深い学び」について見ていきましょう。文科省の発表している「新しい学習指導要領の考え方」(P.22)を参照します。

「主体的・対話的で深い学び」とは

文科省の資料によれば、「主体的・対話的で深い学び」の目的は、子ども達が生涯にわたり能動的(アクティブ)に学び続けるようにすること。そこで子ども達が学習内容を深く理解し、必要な資質と能力を身に付けられるよう、学習の質向上に向け授業の進め方を改善するとしています。

「主体的な学び」とは

  • 学ぶことに興味や関心を持つ
  • 学習内容を自分のキャリアの方向性と関連づける
  • 学習の見通しを持ち粘り強く取り組む

「対話的な学び」とは

自己の考えを以下の3つの方法で広げ・深めること

  • 子ども同士で協働(協力して共に学習を進める)
  • 教職員や地域の人との対話
  • 先哲の考え方を手掛かりにする

「深い学び」とは

  • 知識を関連付ける
  • 問題を見つけ解決策を考える
  • 思いや考えを基に創造する

そのために、①(知識の)習得 ②(習得した知識の)活用 ③探究のステップで学習を進める としています。

アクティブ・ラーニングとは?

対して「アクティブ・ラーニング」とは何でしょうか。「アクティブ」とは能動的という意味で、受動的の反対語です。

簡単に言うと、指導者が一方的に説明し、生徒達がそれを受け身で聞く授業から脱し、生徒が能動的に学習に取り組むよう指導者が支援すること。

元々は大学における教授・講師の指導テクニックとして用いられていました。

アクティブ・ラーニングとは教師と生徒のエンゲージメント

米国アイビーリーグの一つ、コーネル大学で教育・指導方法の研究に取り組んでいるCenter of Teaching InnovationのWebサイトによれば、学生の集中力は1020分毎に低下するという調査結果があります。

そこで50分間の授業であれば1〜2回、75分の授業であれば3回、生徒と教師のエンゲージメントを高める取り組みが必要としています。 

アクティブ・ラーニングの特徴

1991年に発表されたチャールズ・ボンウェル博士の「アクティブ・ラーニングー教室で生徒の熱狂を引き出す方法ー」によれば、アクティブ・ラーニングには以下の特徴があります。

  • 生徒を学習内容に巻き込む
  • 読解・議論・筆記などアクティビティに取り組ませる
  • 情報伝達より生徒のスキル開発を重視する
  • 学習態度や質を重視する
  • 生徒のモチベーションを高める
  • 生徒が指導者から即時フィードバックを受け取ることができる
  • 生徒が分析、知識の統合、評価など、より高次の思考に取り組む

このようにアクティブ・ラーニングの元々の意味は、教え方のテクニックとしての側面が強く、指導者が行うことも、教科書や黒板の文字を読み上げたり、意見を求めたり、といった簡単なことで良いのです。生徒と教授・講師との間にインタラクティブなやり取りがあることで、生徒が能動的に授業に参加する姿勢が生まれるとしています。

まとめ:「主体的・対話的で深い学び」と「アクティブ・ラーニング」の違い

「アクティブ・ラーニング」という言葉から「主体的・対話的で深い学び」と言い換えが行われたことによって、内容がより充実しました。

例えば「対話的な学び」とすることで、教師と児童のやり取りだけではなく、子ども同士で学び合うこと、地域社会との繋がり、先人に学ぶ姿勢にも焦点が当たるようになりました。

また、能動的な学習が授業の中だけではなく生涯を通じて行われるよう、学び方も教えるよう定めていることもポイントです。

今、社会の変化に気づき、学び続け、自分の人生を切り拓いていける人材の育成が必要とされています。新学習指導要領での「主体的・対話的で深い学び」とは、時代の変化に応じた力を育む教育だとうかがえます。

[文責=くぼようこ] 

※ Educediaは主宰者の研究・論考を目的としています。記事に含まれる情報は、読者の皆様ご自身の責任においてご利用ください。また、本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性があります。

他、転載や引用については「サイトポリシー」をご覧ください。

[関連記事]

www.educedia.org

www.educedia.org
www.educedia.org

www.educedia.org

Educedia Twitterアカウント @educedia

記事のアップデートや注目のトピックスをご紹介します。

twitter.com

※Educediaは主宰者の研究・論考を目的としています。記事に含まれる情報は、読者の皆様ご自身の責任においてご利用ください。また、本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性があります。 他、転載や引用についてはサイトポリシーをご覧ください。